本文へスキップ

  才幹書院・日本書蒼院 柏支部

お問い合わせはTEL.080-1196-9263

✉kumiko.20111127@docomo.ne.jp

教室/講師紹介INTRODUCTION

柏教室  生徒募集中!!


お稽古日   日程はお稽古日をご覧ください!
       
火曜日 17:00~19:00
       
木曜日 16:00~18:00
       
木曜日 18:30~20:30
       
金曜日 18:00~20:00
       
土曜日 10:00~12:00
       
土曜日 13:00~15:00
       
土曜日 15:30~17:30
       日曜日 18:00~20:00 ※高校生以上限定
       
       各曜日月3回開催です。日曜日のみ月1回。
       基本のクラスを1つ選んでいただきます。
       毎回硬筆と毛筆、両方練習します。
       大会清書前は毛筆のみの場合もあります。
       時間の目安:硬筆30分、毛筆30分、休憩10分        毛筆40分、作品提出・片付け10分 計120分

会場     泉ふるさとセンター(旧 泉青年館)
       住所:柏市泉1359  駐車場有


月謝
     2022年から支払方法が変更になりました!
       回数制になり、ご都合に合わせてご参加いただけます
        ・月会費   1,000円
        ・参加費   1,000円 × 参加回数

       お月謝袋は月初めのお稽古でお渡し、前月の分を
       集めさせていただきます
       例 月2回参加 1,000+2,000=3,000円
         月3回参加 1,000+3,000=4,000円


テキスト代  小・中学生  オンライン競書『才幹』アプリ費用 
              月額1,000円 各自決済
       高校生以上  日本書蒼院競書『書蒼』
              月額600円 月謝と一緒に徴収


道具 
    お道具は各自用意していただきます。筆のみ教室指定
       の物を使用していただきます。道具選びが難しい方は       ご相談ください。

その他費用  教室から出品する大会の費用は、お月謝と一緒に集め       させていただきます。300円~1,000円程度。
       無料の書道展にも出品します。

練成会    大会清書前など練成会を行っています。
       参加希望者のみ。参加費は1日500円です。


休会・退会  前月末までにお知らせください。休会中は月会費不要


   ★ご興味のある方は硬筆体験と見学が出来ますのでご連絡ください。
   他のお教室の先生も見学可能です。遠慮なくどうぞ。




講師紹介




綾部 清幹 Ayabe Seikan
旧雅号 石井 青邱(久美子)
千葉県柏市出身 1984年6月23日生まれ
2007年3月川村学園女子大学人間文化学部日本文化学科卒業
令和元年度文部科学省後援毛筆書写技能検定1級合格
令和元年度文部科学省後援毛筆書写技能検定『優良賞』
上籠鈍牛先生に師事 
才幹書院オンライン『才幹』学生部の手本を揮毫中

謙慎書道会理事
才幹書院常任理事
才幹書院柏支部支部長
日本書蒼院理事
日本書蒼院柏支部支部長
柏市文化連盟沼南書道会事務局長
千葉県教育委員会非常勤講師
柏市公立学校教師(特別非常勤)
荒川区立学校教師(特別非常勤)

業務内容
書道教室(柏書道教室)
小・中学校での書写指導、書き初め指導
旧沼南町地区書き初め展(書南展)の運営
筆耕(各種賞状・卒業証書・命名書など)


令和4年度書写・書き初め指導予定
千葉県柏市立手賀西小学校
千葉県柏市立手賀東小学校
千葉県柏市立高柳小学校
千葉県柏市立高柳西小学校
千葉県柏市立富勢東小学校
千葉県柏市立名戸ヶ谷小学校
千葉県柏市立手賀中学校
東京都荒川区立第三狭田小学校





よくある問い合わせ

Q柏駅からどのくらいですか?

A車で約30分程かかります。バスもありますがは本数が少ないです
道の駅しょうなんからは車で約5分、手賀の丘公園からは約3分の場所にあります。お車での送迎をお願い致します。

Q幼稚園生ですが習えますか?
A年齢制限はありません。早い子だと年少さんから入会されます。

Q左利きなのですが…。
A
毛筆は右手で行います。硬筆は左手という生徒がほとんどです。特に小3以上、硬筆を右利きに直すのは難しいです。小筆の対策として、名前は右手でも書けるように練習します。

Q2時間集中できるか心配です。
A
はじめに硬筆の練習をして、その後毛筆の練習をします。お稽古開始から1時間経ったら10分間、教室前の公園で気分転換です。すべり台・ブランコ・鉄棒があり、クラスによっては鬼ごっこをしたり仲良く遊びます。休憩後はまた毛筆練習です。集中が切れてきたら課題を変えて書きます。幼稚園生や低学年には好きに書く時間も設けています。いろいろな課題を書きますので、2時間あっという間です。

Q大会がたくさんあって大変そうです。
A教室で一番力を入れているのは毎月の競書課題です。競書の練習が基本ですので、疎かにならないよう練習します。大会は①全員出品、②学校から出せる生徒のみ出品、③希望者のみ出品とありますので、お忙しい方は③で調整できます。1つの課題を複数の大会に出すなどして、無理のないように出品します。様々な課題に挑戦することで、書が豊かになりますので、余力がある方は書いたことのない文字に挑戦していただきます。

Q書道を習っていますが、お教室を変えたいです。
A他のお教室から入会される方も多くいらっしゃいます。
前の会での段位や級位などの成績は移行の際、参考にさせていただきます。再度10級からスタートになるわけではありません。 

Qたくさん練習すると聞きました。
A書初めのみ各自目標と目標枚数を決め、グラフに練習枚数を記入しながら取り組んでいます。300枚超えは何名も。中には700枚以上練習する生徒もいます。他のお教室より練習時間が長い為、練習量も多いと思います。たくさん練習出来るよう、書初め時期は自習室を用意したり、練成会を行ったりしています。練習する子が成績を残します。洗練された線質の為には、とにかく量を書くことが大切です。